• Hirofumi Senda

ソーシャルディスタンス

先日息子と大濠公園まで散歩に行って、 帰りにラーメン食べてこようと一緒に出かけました。 「先に行きよっって」と言われて、私が先に歩いて行ってると、 後から追いかけて来た息子は、何故か大きなバックを持ってきた。

何を持って来たのか聞くと、中身はグローブとミットと、硬球。 マジか・・・ 私はランニングに行くときは、メガネをかけないんですが、 当然散歩でも、もしかすると少しはジョギングもするかもと思い、 その日は眼鏡ナシ。 結局大濠公園まで歩いて行って1周ジョギングして、 帰りに小学校跡地でキャッチボールだけってことでやり出したわけです。 ところが・・・ピッチャーをしてる息子ときたら・・・ だんだん球威を増して来ます。 軽いキャッチボールじゃないと、眼鏡がないんやけん取れんと行ってるのに・・・ 硬球なのに・・・ 終いにゃ、スライダーとかチェンジアップとか、 球種を言いながら変化球も投げて来やがる始末。 いい加減にしろ💢 キャッチ終了。 そこから守備練に付き合ってあげてから、やっとお目当てのラーメン屋さんへ! おそらく2ヶ月以上ぶりにラーメンを食べました。

ラーメン1杯づつに餃子1皿づつと、替玉も2玉づつ食べちゃいました。 (痛風の発作が起きて初のビールも、生ビールがモルツだったのでつい飲んじゃいました。) 最後になりましたが、タイトルのソーシャルディスタンスとは、 ラーメン屋さんで席につこうとした時に、 他にお客さんがいなかったから勝手に座ろうとしたところ・・・ その隣に座ってくださいと指示されました。 なるほどと、納得して隣に座ったんですが、 結局私たちが食べてる間に入って来たお客さんは1人だけ・・・ 意味があったとは思いませんが、 COVID19の対策をちゃんとしてるんだと実感。 ところが、オチがあるんです(笑) 各テーブルやカウンターにご自由にどうぞ的においてある紅生姜。 蓋は無しでございました(笑) 飛沫が一番飛びそうな場所に、ことごとく置いてあったんです。 もちろん食べるときは気にせず投入してしまってましたので、 慌てて後ほどアルコール消毒🍺しました(笑)


0回の閲覧

© 2020 by  BAR SENDA

Proudly created with barsenda.com