Audio

​ラックスマン&ハーベス

オーディオの知識はあまりなかったのですが、お店のオーディオを選ぶ時、アンプとスピーカーを色々つなぎ変えてもらって、一番好きな音が出る組み合わせを選びました。さらに後日もう一度自分で持参したCDをオーディオショップでかけてもらって決めました。

意外かもしれませんが、全く迷うことはありませんでした。

というのも、昔グレッチ(ギター)を、1972年製のフェンダーデラックスリバーブ(アンプ)につないで弾いていたのですが、その音が大好きだったので、お店のオーディオも単音が1音ずつ抜けの良い音で飛び出してくるような感じの物を選びました。

11年間毎日鳴らして来て、​近頃さらに音が良くなってきたような気がします。

© 2020 by  BAR SENDA

Proudly created with barsenda.com