ハイランド/Highland 
北ハイランド(North Highland)
​・バルブレア(Balblair)
1970年創業。蒸溜所のロス州エダートン村は、「ピート教区」と呼ばれ、豊富なピートを使った酒の密造が盛んだった。
​・クライヌリッシュ (Clynelish)
​インバネスの北方約90kmにあるブローラという町のはずれに立つ。1819年、領主の貴族が密造対策を目的に創業。1967年に新らしい蒸留所を設立し、旧蒸溜所はブローラという銘柄で製造していたが、1983年に閉鎖された。
・ダルモア (The Dalmore)
アルネスという町の郊外に、1839年創業。
第1次世界大戦中には接収され、対潜用機雷が製造されていたこともある。
​・ダルウィニー (Dalwhinnie)  
1897年創業。1905年までストラススペイと呼ばれていた。
気象観測所を兼ねていて、蒸溜所のマネージャーが毎朝観測を行う。標高は326mで、スコットランドで2番目に高所にある蒸溜所である。
・グレンモーレンジ(Glenmorangie)
1843年創業。ドーノック湾南岸にある。もとはビール工場であった。創業以来、釜の上部が非常に長い単式蒸留器を使用している。
その長さは5.13mでスコットランド最長
​グレンオード(Glen Ord) 
1838年創業。インヴァネスの北北西20kmにある。大麦の産地であったことから密造が盛んに行われていた。かつてはオーナーが代わる度に蒸留所の名前が変わったが、現在はグレンオードで統一されている。ユナイテッド・ディステラリー社がドラムと呼ばれる巨大な装置による製麦や蒸気蒸留方式による蒸留を試した蒸留所としても知られる。
​・プルトニー (Pulteney)
1826年創業。ウルフバーン蒸留所ができるまでは、スコットランド本土最北に位置する蒸留所だった。
​・ロイヤル・ブラックラ(Royal Blackla)
1812年創業。1835年、ウィリアム4世により蒸留所として初めてロイヤル・ワラント(王室御用達の勅許状)を与えられた。ロイヤル・ロッホナガー蒸留所、グレンユーリー・ロイヤルとともにロイヤルを冠する蒸留所の一つである。
​・スペイサイド(Speyside)
スペイ川の最上流部の位置にある蒸溜所なのに、現在の区分ではハイランドの蒸留所になる。1895年から1911年まで、全く違う位置に同じ名前の蒸溜所があったが、現在のスペイサイド蒸溜所とは別物である。創業は1990年12月だが1962年に起工、1987年に工事完了と25年もの時間を要した蒸溜所である。
・ティーニニック(Teaninich)
1817年にティーニニック城の一部を改築し設立された蒸溜所で、現在はディアジオ傘下の蒸溜所の中でも屈指の生産量を誇る。ジョニーウォーカーレッドラベル」などのブレンデッドウイスキーの生産を支える蒸溜所の1つである。
・トマーティン(Tomatin)
1807年創業。スコットランド最大となる23基の単式蒸留器を備えている。1980年代に宝酒造と大倉商事が買収。日本企業がスコッチ・ウイスキーの蒸留所を買収した初の事例となった
・ウルフバーン(Wolfburn)
スコットランド本島北端の町サーソーに1821年〜約50年実在してた蒸溜所が、約140年の時を越えて再建され、2013年から蒸留が開始された。壮大な湿地帯が広がる豊かな野原には海から数マイルのところを川(バーン)が流れ、昔は狼がその辺り一帯に沢山生息していたと言われてる。