• Hirofumi Senda

アーストン10年 / アイルサベイ蒸溜所〜

こんばんは 昨日はまたしても膝が痛くなり、 営業前に病院で処置をしてもらって元気に歩けてる千田です😃 さて週末の今夜おすすめしたいボトルはこちらの2本!

アーストン10年 ランドカスク       アーストン10年 シーカスク 2007年にウィリアム・グラント&サンズ社によって、 グレーンウィスキーを製造している同社所有のガーヴァン蒸留所に 併設されたアイルサ・ベイ蒸留所のシングルモルト。

同社としてはグレンフィディック、バルヴェニーに次ぐ第3のシングルモルトで、 こちらはスコットランド南西部サウスエアシャーのエア近郊に位置しており ローランド地域に分類されます。 主に5つのタイプのモルト(ライトタイプ、スイートタイプ、ピーテッド3種)を作り分けており、グランツなどブレンデッドウイスキー用の原酒も提供している。 過去にノンヴィンテージでリリースされてたものは、 ローランドにしてスモーキーだったりしたので、 ローズバンクのような感じのローランドが出てくることも期待させつつ、 キニンヴィの様に原種の確保が目的かと言うイメージもありました。 そんなこんなで今回の2タイプの10年もののリリースです! 好奇心と期待を込めて入荷してます! 是非興味がある方は飲み比べてください! 【メーカーからのコメント】アーストン10年 ランドカスク」は、 その名の通り内陸の貯蔵庫で熟成されたものですが、 こちらはピーテッド麦芽を使用しています。

非常にスモーキーな仕上がりでアイラモルトの要素をイメージしますが、

ローランドモルトの穏やかなモルティ感やフルーティさも兼ね備えた 独自の立ち位置を確立した香味構成に仕上がっています。 「アーストン10年 シーカスク」は、 その名の通りに海岸近くの貯蔵庫で熟成されたものですが、ピートの要素はなく、 滑らかで穏やかな香味に仕上がっています。 海に近い場所で熟成された事で、 わずかに感じる潮風が心地よい良いアクセントを与えています。

96回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示